スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車のギア比を考えてみた

今日は天気が悪いということで自転車の洗車などをするに留まったのですが、実際に降り始めたのが午後3時くらいからだったので、今考えると全然走りに行けたなぁと後悔しています><
(洗車の話はまた後日。秘密兵器を投入しています)


愚痴はさておき、自転車に慣れてきて思うのが、ESCAPEのワイドレシオなノーマルギアへの不満です。
何が不満かというと、隣り合うギアの歯数の差が大きいので「丁度良いギアが無い><」という状況が多々あります。

ノーマルのESCAPEのギアは以下の通り
フロント3段 (28、38、48T)
リア8段    (11、13、15、18、21、24、28、32T)

ギア比の算出は以下の式。
ギア比(歯数比) = クランクスプロケット歯数 / 後輪スプロケット歯数

このギア比ををグラフで表してみると
グラフ ノーマルギア比(フロントギア別)

平地で常用しているのが2-5や2-6あたりなのですが、ちょうどこの間が欲しい!ということが多いのです。
ただ、フロントを他のギアにすると、この間のギア比がありそうです。

次に、全てのギア比を順番に並べてみます。
グラフ ノーマルギア比(ギア比順)

このグラフを見てみると、先程の2-5と2-6の間に1-7、3-4がいることが分かりました。
よって「この間が欲しい」と思った時は、1-7や3-4にすれば良い、ということになります。


がぁ、しかし、フロントとリアをいっぺんに変えると言うのはかなり難しく、しかもめんどくさい^^;
組合せを覚えるのも大変><
しかもフロントは今のグリップシフトでは本~っ当に変え難いのです。



そこで、「もしクロスレシオなギアに交換したら」という仮定で考えて見ます。
仮定に使うギアは
フロント2段 (34、50T)
リア9段    (12、13、14、15、17、19、21、23、25T)
です。(なぜかコンパクトクランク^^;)

このギアでギア比順に並べて見ます。
グラフ クロスギア比(ギア比順)
先程の常用域で見てみると、例えばフロントアウターだけでもリアのギアが4つも入っています。(図中の○)
よって、フロントギアを固定してもより細かいギアの選択が可能となり、自分のペースを保ちやすいということが言えると思います。

これこそが「クロスレシオなギアへの変更」の利点ですね。

ただし、良い事ばかりではなくデメリットも当然あります。
それは、最小ギア比が大きくなり、最大ギア比が小さくなることです。

最小と最大のギア比を、ノーマルとクロスで比較してみます。

        最小ギア比  最大ギア比
ノーマル     0.88      4.36
クロス       1.36      4.17

最小ギア比が大きくなることは、登坂時に大きな影響を与えます。
これまできつい坂で使用していた最小ギアが重くなることを意味し、ギア比1.36はノーマルのギアでは2-2に相当します。

最大ギア比が小さくなることは、高速走行時に影響が出ます。
が、これまで最大ギアを使用する場面はそんなに無かったため、影響はほとんど無いと考えます。

よって、クロスレシオ化をすることによる結論としては、「より細かいギア比の選択が容易になる」ことと「登坂で使用できる最小ギア比が大きくなるため、登坂がきつくなる」ということです。
要は、もっとエンジンを鍛えろ!ということですね^^;


ノーマルのグリップシフトをトリガーシフトに変えたいなぁという考えが頭の隅にあるので、もしこれを実行する時が来たら、上記のようにギアのクロスレシオ化も同時に検討したいと思います。



ランキングに参加しています。
気軽にポチッとクリックをお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~

こんばんは~

今回のkouyat2さんの記事を拝見して、kouyat2さんの探究心はすごいなぁ~と思いました。
 私は、ロングライドの場合、アウターを9割使用していて、坂道でどうしようもないくらいの上り坂のときにインナーを使っているのですが、あまり意識してギアを使っていません。
 RSR4は24段あるのですが、常に使っているのはそのうちの10段にも満たないような気がするので、もっとギアを上手く使って効率的にしていきたいと思いました。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

No title

こんにちは。
ついに改造を考えるようになりましたかwww
ESCAPE R3はいじり甲斐がありますよ~^^

ワイドギア

kouyat2さん、こんばんは。

私が所有しているクロスバイクのスプロケは11-32の9速です(フロントはトリプル)。
一時期、12-25のクロスレシオへの交換を考えましたがやめました。

理由は、「激坂を登坂できなくなったら困るから」です。

中間のギアが欲しくなった時は、「フロントと同時にリアを変える」か、「高ケイデンスの練習として軽めのギアを選択」か「重めのギアで筋力トレーニングにする」かは、その時の気分で使い分けています。

ワイドなギアのおかげで、初めての峠を走る時も安心です。
「このギアで登れない峠は自転車ではムリ」と言う気持ちで走っています。

ワイドギアは、ある種「保険」と言う意味での存在価値はあると思います。

たーちゃんさん、コメントありがとうございます!

探究心というか、ちょっと暇だったから考えてみたというだけなんですけどね。。。^^;
24段あってもその全てを上手いこと使いこなすのは難しいですよねぇ。
私も今回調べて、もっとフロントの変速を上手く使いこなしたいなぁと思いました。

でもグリップシフトがなぁ。。。><

めばる君さん、コメントありがとうございます!

いやぁ、いじりたいですねぇ^^
実用性を追い求めて、というのもあるのですが、単純に何かいじりたいwという気持ちがあることも事実です。
めばる君さんはかなりいじり倒されていますよね~
かなり参考にさせて貰っています^^

組長さん、コメントありがとうございます!

そうなんですよねぇ、クロスレシオなギアは平地での巡航には便利そうなのですが、やはり登坂の心配が・・・
今までフロントインナーで無いと登れなかった所を、最低でも2-2で登らなければならないと分かったとたん躊躇してしまいました。。。
フロントインナーを使わなくても行ける!という自信がついてからクロスレシオ化を実施したほうが良さそうですね。。。^^;

お借りしました!

こんばんは。
事後報告になってしまいますが、
この記事のリアのギア数を参考にさせていただきました。
それと、私の記事からこの記事にリンクを貼らせていただきました。
よろしくお願いします。
プロフィール

kouyat2

Author:kouyat2
ESCAPE R3を購入し、クロスバイク生活を満喫している社会人です。
パーツ交換やポタリングなどの日記を書いています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング参加中!!!
もっと自転車ブログを見たい方は
↓↓↓をクリック!!!
訪問してくれた人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。