スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車のユーザー車検に行ってきました!(当日受付編)

さて、今回はユーザー車検「当日受付編」です。

準備編を見逃した方はこちら



<準備編>で準備した書類を持って、いざ出発!!
・・・の前に、一つ確認することがあります。

ホイールカバー」ってありますよね?
アルミホイールの方は大丈夫かと思いますが、車検当日はホイールを止めているボルトが露出した状態でなければなりません。
なので、ホイールカバーを着けているのであれば外す必要があります。
これはホイールにはまっているだけなので、引っ張ればすぐに取れます。

さてホイールカバーも外したら出発しましょう!!


・・・の前に(まだあるのかいっ!)予備車検に行くことをお勧めします。
これは必須ではありませんが車検をスムーズに進めることが出来ます。

何故かと言うと、車検で引っかかる可能性が高いのが「光軸検査」ですが、これを自分で調整するのはかなり難しいです。
しかも大体狂ってしまっていることがほとんどです。
さらに、ヘッドライトが「4灯式」である場合は、ロービームを紙などで塞ぐ必要があります
予備車検ではこれもやってくれます。
*4灯式・・・ハイビーム用とロービーム用のライトをそれぞれ左右に一つずつ、計4つのライトを備えたヘッドライト。

私が行った予備車検は、スピードメーター検査、ブレーキテスターと光軸検査(調整含む)で3,000円でした。


さていよいよ車検場に突入です!


車を駐車場に止めて、車検証などの準備した書類を持って事務所に行きます。
そういえば・・・車検証は車検証入れから出して持って行きましょう


さて、受付に行く前に・・・納税証明書を貰ってきます。
窓口に行って再発行をお願いしたい旨を伝えると、1枚の紙を渡されました。
それにナンバーと住所氏名を書くとあっさり貰えました。
実はちょっと不安に感じていた部分だったので、ほっと一息。



事務所に入ると・・・どこから行っていいか分からない。。。><
受付の人に聞くと、こんな紙を貰いました。
回る受付の順

回る窓口の順番が書いてある紙です。
こんなのが準備されているということは、私同様にどこから行っていいか分からない人が多いのでしょうねー

この案内通りに行きます。


1、申請書類の購入&重量税・手数料等の支払い
手数料等の支払い窓口で自動車の継続車検と言う事を伝え車検証を見せると、重量税、検査手数料の金額を言われるので、そそくさと支払います。
私の場合は、重量税+検査手数料などで39,600円でした。

支払うと申請書類と合わせて3枚の印紙が貰えます。印紙はこの後それぞれの申請書類に貼り付けます。


2、申請書類の記入
貰った申請書類に必要事項を記入します。記入方法は記入台に掲示されています。

1)重量税納付書
重量税納付書
ここに、「年月日」「氏名」「住所」「車のナンバー」を記入し、下側のスペースに先程もらった印紙のうち、<自動車重量税印紙>と書かれた印紙を貼り付けます。

2)継続検査申請書
継続検査申請書
「車のナンバー」「車台番号」「住所氏名」を記入します。
なぜかナンバーと車台番号はえんぴつで書くように指示されていました。なぜでしょう??

3)自動車検査表
自動車検査表
これからの車の検査の時に記録する紙です。
「車のナンバー」「原動機型式」「車台番号」「走行距離」「住所氏名」と、「予約受付番号」を記入し、右側に残り2枚の印紙を貼り付けます。
走行距離は前もってチェックしておいたほうが良いですね。100km未満は切捨てです。
私は100km間違っていました^^;


3、納税確認
申請書類の記入が終わったら納税確認の窓口に行って、納税確認のはんこを押してもらいます。
再発行してもらった納税証明書を出すと、継続検査申請書にはんこを押してもらえます。


4、検査の受付
全ての書類が揃ったら検査受付窓口に行きます。
上記3枚と旧車検証、自賠責保険証明書をセットにして受付に提出します。
旧車検証

自賠責保険証明書

ここで全ての書類に問題が無ければ、ポンポンとはんこを押してもらって「検査ラインに並んでください」と言われました。
これで受付は終了です。

*以前バイクの車検に持ってきたときは点検整備記録簿の提示を求められたのですが、今回はありませんでした。


最後に受付編をまとめると・・・
1、ホイールカバーを着けているのであれば外しておく。
2、予備車検で光軸の調整をしてもらう。(必須ではない)
3、ロービームを紙で塞いでおく。(4灯式の場合)
4、重量税、検査手数料を支払い、申請書類を貰う。
5、申請書類に記入し、納税証明のはんこを貰う。
6、必要書類をまとめて受付に出し、検査の受付をする。

  (必要書類・・・車検証、自賠責保険証明書、重量税納付書、継続検査申請書、自動車検査表)



さて、次回はいよいよ検査編です。
無事に検査を終えることが出来るのでしょうか??





ランキングに参加しています。
気軽にポチッとクリックをお願いします。(自転車の記事ではありませんが・・・^^;)

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

車のユーザー車検に行ってきました!(準備編)

さて、復帰第1弾の記事は・・・
題名の通り自転車では無く車です。。。^^;

自転車の記事ではありませんが、日記と覚書を兼ねて書いてみようと思います。


10/3/24 必要な事前準備が一つ抜けていたため追記しました。


本日は車検に持っていく前の準備について書きたいと思います。


まずは車検がいつから受けられるかというと、車検満了日の1ヶ月前からですね。
車をディーラーから買った方は、大体ディーラーから車検の案内が来るかと思います。


ここで一つ困るというか悩みどころが出てきます。
それは・・・「ディーラーに車検をお願いしないと悪い気がする」ということです。

実際私も悩みました。
何か困った時にはまずディーラーに相談しますし、その時にちょっと嫌な顔されたらなぁ。。。とか思うと、車検もお願いしといたほうがいいのかなぁと思ってしまいます。
ちょっと考えすぎかもしれませんが、そういう悩みを持つ人はいるはずです。

そこで今回は、点検と自賠責と任意保険はディーラーでお願いして車検自体は自分でやる、ということにしました。
(ディーラーでの点検は必ずしも必要ではありませんが、何か悪い所があってもイヤですし、点検記録自体は車検に必要になります)


ここで掛かった費用は・・・
点検費用(オイル交換含む)  27,746円
自賠責(2年)           22,470円
                 計 50,126円

結構掛かりましたね。。。

この時点で車検に必要な書類のうち「自賠責保険」と「点検整備記録簿」が揃います。

*ちなみに「点検整備記録簿」は自分で点検して記録したものでもOKで、点検フォームも特に定められたものはありません。
ネットで調べると簡単に点検記録簿をダウンロードすることが出来ます。
例えばこんなの↓
点検整備記録簿のサンプル


次に準備で必要なのが、車検の予約をすることです。

車検の予約はインターネットか電話ですることが出来ます。
インタネットでの予約はこちら↓
自動車検査インターネット予約システム

ここでは2週間後までの予約が出来ます。
自分の地域の車検場を選択し、予約日・予約時間を選びます。(午前2ラウンド、午後2ラウンドの中から選びます)
次に自分のナンバープレートの4桁とパスワードとメールアドレスを入力します。

すると自分のメールに検査予約完了のメールが来ますので、一応プリントアウトしておきます。
当日必要になるのは5桁の「予約受付番号」だけなので、これだけをメモしておいてもOKです。


また、現在の「車検証」を確認しておきましょう。
車検当日に車検証が無い!という事態は避けたいですからね。


最後に、車検当日に必要なお金を準備しておきましょう。
ここで必要な費用が分かります↓
車検費用計算プログラム
注意:このプログラムでは自賠責も計算されるので、既に自賠責に入っていたらその分を引きます。
ちなみに私の車の重量は1,001kg~1,500kgの間で普通自動車なので、重量税37,800円+手数料1,800円の、計39,600円でした。

10/3/24追記
もう一つ事前準備が必要でした。
それは「納税証明書」です。
毎年5月くらいに送られてくる自動車税通知書で支払った際にもらう、あの小さな紙です。
実は私はこれを捨ててしまっていました。。。^^;
でも大丈夫!!
普通自動車であれば「自動車税事務所」で再発行してもらうことが出来ます。
全国の自動車税事務所
私の場合は車検場内に事務所があったので、わざわざ別の場所に行って再発行してもらうという手間がかかりませんでした。
しかも車のナンバーと、氏名、住所を言うだけでアッサリ再発行。。。^^;



以上で事前の準備は完了です。
あとは車検当日まで待ちましょう^^



最後に事前準備をまとめると・・・
1、自賠責保険に入る(最低2年)
2、点検整備記録簿を準備し記入する。
3、車検の予約をして、予約受付番号をメモっておく。
4、現在の車検証を確認しておく。
5、車検当日に必要なお金を準備しておく。
6、納税通知書を準備する。(無くしてしまったら再発行してもらう)



次回は車検当日編をお送りいたします。
当日受付編はこちら


ランキングに参加しています。
自転車の記事ではありませんが、宜しければポチッとクリックをお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

1ヶ月以上放って置いてしまいました。。。

みなさん、本っ当~にお久しぶりです!!
2月13日以来の更新なので、約1ヶ月ぶりですね。。。^^;

これまで何故更新なかったかというと・・・

自転車関係のネタが全く無かったり、ちょっとゲームにはまってしまって時間が無かったり、なんとなくモチベーションが下がってしまったり(←これが一番大きいかな?)で、パソコンに向き合うことすらほとんどしていませんでした。。。^^;

自転車には通勤で乗ってはいたのですが、休日にロングライドに行くことも無く、自転車をいじることも無く、自転車自体のモチベーションも下がってしまっていました。


現在もモチベーションはあまり高くありませんが、ブログの更新と合わせてちょっとずつ上げていこうと思います。


放って置いた1ヶ月間でもこのブログを観に来ていただいた方には大変申し訳ないことをしました。
今後は今までのように頻繁に更新できるかどうかは分かりませんが、出来る範囲でやっていこうと思います^^


また懲りずに見に来てくださいね~m(_ _)m


<初めての休日ライドでの1枚> (あの頃の情熱を思い出そうとして)
後ろに烏帽子岩

雨の日のジテツウって。。。 その2

せっかくのお休みだというのに天気は雨どころか雪が降っていました。。。
自転車に乗るどころでは無く、家でごろごろとオリンピックの開会式などを眺めていました。。。^^;

何故か嫁が「うさぎ」に興味を持ったらしく、インターネットで調べては「かわいい~♪」を連発しております。^^;
でも結構うさぎは値が張るようで、高いものだと3万円位するようです。
それだけでなくケージやら水のみのボトルやら色々と揃えなければならないので、かなり出費があります。

でもうさぎの写真などを見ると確かにかわいいw
う~ん、うさぎに手を出すとロードが遠のく。。。><



話は変わって、前回の記事でESCAPEの雨の日仕様について検討しましたが、今回は私自身、レインウェアについて検討してみたいと思います。


雨の日といえばまずはカッパ。
片道4kmほどの道のりなのでそんなに高価なのは必要無さそう。
でもある程度は快適性も欲しいところですね。
顔が濡れなくて、視界も遮らない透明なひさしがあるのが良いですよね。

とりあえずはこんな所でしょうか



こんなのもかな

ブリジストン レインウェア RW-BSR


あんまり見た目はかっこよく無いですが、贅沢も出来ませんからね。



そして服が濡れなくても靴が濡れたら嫌ですよね。
こんなのも用意したほうがいいのかな?





あとの問題はカバンが濡れてしまうことでしょうか。。。

一応ある程度の防水性はあるカバンを使ってはいますが、大雨が直接カバンにかかってしまうのは気になるものです。




梅雨の季節になるとほぼ毎日雨との戦いになりそうなので、なるべく雨でも快適にジテツウが出来るようになるといいですねー





ランキングに参加しています。気軽にクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

よろしければこちらもクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

雨の日のジテツウって。。。

今日は本当に寒い日になりましたねー
私のところは雪にはなりませんでしたが、冷たーい雨が降っています

祝日も通常通り仕事があるので、この冷たい雨の中通勤しました。。。


雨の日は基本的に自転車には乗らずバイクで通勤しているのですが、将来的にロードを買うことになればバイクに乗る機会もほぼなくなることが予想されますし、維持費ももったいないので恐らく手放すことになるでしょう。


そうなると、雨でもジテツウをしなければならなくなります。
(車での通勤がNGのため)


そうなると、ESCAPEが通勤車になるので、まずこれを雨仕様にしなければなりません。
といっても前後に泥除けを付けるだけでしょうが。。。


泥除けも色々あるようで、しっかり水跳ねを防ぐにはフルフェンダータイプが良いのでしょうが、クロスバイクの軽快さが無くなってしまう様な気がします。。。

例えばこんなの

PARAGON 前後フェンダーセット


出来れば泥除けもスポーティに、と言うことで、リアはシートポストに取り付けるタイプ

例えばこんなの

X-BLADE リアマットガード

さらにスポーティに、カーボンのもあるようです。
SWAN242 カーボンリアフェンダー


そしてフロント用ですが、簡単なのはダウンチューブに付けるタイプ

例えばこんなの

クルーザーロード フロントマットガード



しかし泥除けを完備しても自転車が濡れてしまうのは正直避けたいところですねー
錆とか怖いですし。。。

雨で濡れた自転車を室内に持ち込むのも、家族に白い目で見られそうですし。。。
とは言っても外に放置するのもなぁ。。。


う~ん、悩ましい
雨でもジテツウしている方は、どのような対策を取られているのでしょう。。。





ランキングに参加しています。気軽にポチッとクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村


宜しければこちらもクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

kouyat2

Author:kouyat2
ESCAPE R3を購入し、クロスバイク生活を満喫している社会人です。
パーツ交換やポタリングなどの日記を書いています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング参加中!!!
もっと自転車ブログを見たい方は
↓↓↓をクリック!!!
訪問してくれた人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。